糸鋸寿司

いとのこすし

糸鋸寿司とは

糸鋸寿司フォトギャラリー

●糸鋸寿司とは、ナルカリが2005年愛知万博であみだした、電動糸鋸切り抜き実演のことです。まるで本物のお寿司やさんの屋台を組んで、お寿司やさんみたいな衣装を着て、電動糸鋸を使って、お客さまの御注文を切り抜きます。動物、恐竜、魚、文字や女子アナまで、切りぬけるものなら、なんでも切り抜きますよ!!材料は木曽ヒノキの間伐材、一匹切り抜くのに速いものなら30秒、高速糸鋸切りが売りでっせ〜!!「へいいらっしゃい!!」百分は一見にしかず!!

●どうすれば、糸鋸寿司に来てもらえるのですか?

まず、電話、ファックス、メールにてお問い合わせください。代金のことなど、詳しく説明をさせていただきます。

■メールでのお問い合わせ

電話、FAX:0264ー36ー3810

※そのときに、開催場所や必要人数(枚数)、イベント内様などを教えて下さい。

■交通費、宿泊費などは別途料金となります。※交通費は特急料金も含めた、最寄りの駅までの電車運賃か、ガソリン代金、高速代金を含めた運搬費を提案させていただきます。

イベントを盛り上げたいときや、福祉活動、地域の交流の場所でいかがでしょうか?

※その他、人数、条件など御相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

※オプション:木のおもちゃで遊ぼうセット

※オプション:糸鋸ロックンロール

※どらえもんやポケモンのようなアニメーションのキャラクターは著作権上の理由などにより、原則として切り抜くことは出来ません。ご了承ください。

■材料は木曽ヒノキの間伐材!!

今、長野県の林業関係者は、ヒノキやカラマツの間伐材の利用法や将来を考えています。間伐材は低迷している林業、木材業を復活させる鍵を握っているとも言えるでしょう。

※植林された森林は、ある時期に間伐という作業をしなければなりません。その作業が行われないと、木は病気になったり、健康に育たなかったりします。

糸鋸寿司が広まれば、間伐材や山に感心を持ってもらえると思います。そんな願いも込めて、これからも間伐材の利用を続けていきたいと思っています。

糸鋸寿司の作り方

高速糸鋸寿司映像

糸鋸寿司イメージビデオ