糸鋸寿司!!

糸鋸寿司って何?

電動糸鋸切り抜き実演。名付けて糸鋸寿司(いとのこすし)。まるでお寿司屋さんのような格好で、お寿司屋さんのような屋台を組んで、あなたのリクエストで木の板に動物や恐竜を切り抜きます。速いものなら30秒、即興で切り抜きますよ。

2005年の愛地球博からスタート

電動糸ノコの会社(株)ユタカさんの協力を得て、瀬戸会場でのブース内で糸鋸寿司を開催したら大好評となり、その後、数々のイベントで開催。保育園、建築会社、公民館、企業のイベントなどでのたくさんのイベントに呼んでいただけるようになりました。マイナーチェンジを経て、今の糸鋸寿司があるのです。

木のおもちゃの延長線上だから意味がある

そもそも、糸鋸寿司も電動糸ノコショーも木のおもちゃの延長線上にあって、それが傍にあるから、ショー自体に意味があるんだと思うのです。だから、独立したパフォーマンスであるよりも、そばに木のおもちゃを配列したりすることで、効果的であるんだと思うのです。

「へい、いらっしゃい!!何にしましょう?」「それじゃあ、マグロで、、、。」「へい、マグロ、一丁!!」ガガガガガ、ガガガガガ。「へい、マグロ、お待ち」「これ、食えるんですか?」「そんなもん、食えるわけねえだろ〜!!」「、、、」。

これが糸鋸寿司だ

 

内容や価格など詳しいことを知りたい方は、お気軽にお問いあわせください。

糸鋸寿司の製作例

ティラノザウルス

サメ

鹿